対話集会バナー

コラム
コラム : 平成24年度始まる‼
投稿日時: 2012-04-03

 昨年の2月に大村知事が誕生してから、初めての本格的な予算編成が行われ、平成24年度が4月1日からスタート致しました。現在大変な苦境にある我が国の復興に向けて、何としても愛知県がその先頭に立てるよう、新年度のスタートにあたり、私としても決意を新たにしている次第です。

 元気な愛知の実現に大きな影響を与える、各種施策の審議を行う2月定例愛知県議会は、2月20日に開会し、2兆2,546億円にのぼる平成24年度予算案をはじめ、産業空洞化対策減税基金の造成や県独自のエコカー減税実施の為の条例改正など全議案を審議・可決し、3月23日に閉会日を迎えました。今回の予算編成は、東日本大震災の影響や超円高水準による企業業績の悪化に伴い、県税収入見込みが近年で最低の8,847億円となる大幅な収支不足の中、行財政改革や県債発行、職員給与・議員報酬の削減や基金からの繰り入れ運用など、まさに緊急避難的な措置で何とか成立させたものとなりました。

 本年度、委員長を務める健康福祉委員会では、12月議会からの懸案であった城山病院の改築問題やがんセンター中央病院外来化学療法センター棟の工事中断問題等も何とか決着し、事態の進展を図ることができましたので、ほっとしているところです。これらの問題の他にも、薬草園の整備計画や第5期高齢者健康福祉計画及び新型インフルエンザ対策行動計画、また看護師不足対策や自殺対策の充実など、多岐にわたる活発な議論が展開されました。

 さて4月1日から、全国で初の試みとなる東三河県庁が、本格始動致しました。今年度の取り組みの重点は、まず東三河の将来ビジョンを明確に描くことです。そのためには、市民の皆様の率直な思いを我々議員がしっかりとお聞きし、ビジョンに反映させていくことが極めて重要だと考えますので、今まで以上に皆様の生の声を聞かせて頂く1年にしたいと思います。是非、多くの前向きなご意見を賜りますよう、お願い申し上げます。



XOOPS Cube PROJECT