対話集会バナー

コラム
コラム : 9月定例県議会が閉会して‼!
投稿日時: 2012-10-26



 9月20日に開会した定例愛知県議会は、知事による議案提案理由の説明に続き、4日間にわたって代表質問並びに一般質問が行われました。質問のテーマとしては、やはり現在の世情を反映して「いじめ問題」や「災害対策」、「再生可能エネルギー」や「交通事故防止」等が多く取り上げられました。

 今議会には、205億2,349万余円の一般会計補正予算案と2億1,000万円の特別会計補正予算案の2件のほか、薬物の濫用防止に関する条例や中小企業振興基本条例の制定等の条例関係議案14件が提案されました。その他の議案としては、愛知県道路公社が管理する県道長沢蒲郡線(オレンジロード)を12月1日から無料開放するための議案や教育委員会委員、監査委員などの選任議案等、34件も併せて提案されました。

 各議案は、委員会に付託され審議・採決の結果、全議案が可決されました。さらに今議会では、議員提案による「愛知県がん対策推進条例」が成立するとともに、自動車関係諸税の抜本改革を求める意見書等も全会一致で採択し、10月12日の閉会日を迎えました。

 今年度所属する地域振興環境委員会についても、触れさせていただきます。今回の委員会では、自治体クラウド推進に関する質疑や愛知県が8月下旬に中止表明した震災瓦礫受け入れ問題と受け入れ中止に伴う予算執行の修正などが議論されました。他にも、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)、太陽光発電等の普及促進に関する質疑なども行われました。私からは、現在東三河県庁で進められている「東三河振興ビジョン」策定に関して、その課題や見通しについての質疑を行い、さらに、今年度から知事が力を入れている三河湾の浄化施策についても、問題点の指摘と提案をさせていただきました。(私の質疑の一部を要約して、県政一新‼通信10月号の2 面に掲載しております。)

 最後に、初当選以来、全力で取り組んできました議会改革についても、若干ご報告させていただきます。これまでも県政報告会などの場で、皆様にその必要性をご説明してきました「議会基本条例」制定についてですが、我々の会派だけでなく、ようやく一部の他会派からも制定に向けた機運が少しずつ盛り上がって参りました。何としても、この機を逃さず条例成立にこぎつけるために、今後も努力して参りますので、皆様の一層のご指導、ご支援を心からお願い申し上げます。

 



XOOPS Cube PROJECT