対話集会バナー

コラム
コラム : 個人県民税減税論議は、12 月議会へ!!
投稿日時: 2013-10-18



 愛知県議会9月定例会は、9月19日に開会し、技能五輪・アビリンピックあいち大会2014の開催準備、農業の6次産業化支援策や地域医療の再生推進などの一般会計補正予算案117億9千万余円をはじめ、あいち森と緑づくり税条例の一部改正などの条例関係議案や工事請負契約締結等のその他議案など全22議案を審議・可決して、10月11日に閉会日を迎えました。これらの議案審議に加え、消費税率引き上げ決定の機会を捉え、自動車関係諸税の廃止・見直しを求める意見書や高次脳機能障害者への支援施策の充実を求める意見書等、8件の意見書を全会一致で可決し、国に送付致しました。

 今年度所属する農林水産委員会では、農業の6次産業化・農商工連携や森林保全施策の推進についての質問をさせていただきました。さらに、昨年上海で初回が開催され、本年11月に香港で2 回目が開かれる予定の「愛知フェア」についても、その狙いや成果等を伺い、私からは中長期戦略の必要性を指摘させていただきました。答弁をお聞きして感じたのは、委託業者任せではなく、現場の実態を県庁担当部局の職員自らが直接把握し、実情を踏まえた政策をプロとして立案し実施していくべきであるということです。

 もちろん、我々議員も同様で、しっかりと現場を踏まえた政策提言が欠かせません。そういう意味からも、9月初旬には、県議団の農林水産部会長として、部会員の議員さんたちとともに、若手の新規就農者の方にお目にかかったり、乳製品による食と緑あいちブランド生産に取り組まれている酪農家の生産現場なども視察させていただきました。やはり「百聞は一見に如かず」ですので、これからも現場第一主義で活動して参ります。

 また、8月下旬から盛んに新聞やテレビ等で報道されてきた個人県民税減税については、私も総務会長として何度も知事公館で大村知事との話し合いの場を持ちましたが、結局今議会では正式な議案の提案には至らず、12月議会に先送りされることとなりました。12月議会でもしっかりと議論を行い、県民の皆様に納得していただける結論を得るべく、努力して参ります。今後も一層のご指導、ご支援を賜ります様、何卒宜しくお願い申し上げます。

 



XOOPS Cube PROJECT