対話集会バナー

活動記録
活動記録 : 12/17 東三河産学官交流サロン
投稿日時: 2013-12-19


このほど、記念すべき350回目を迎えた東三河産学官交流サロンが開催され、「今なぜ“まちなか”なのか!〜新たな賑わいを求めて〜」のテーマで、パネルディスカッションが行われました。
パネリストは、豊橋広小路発展会協同組合代表理事の鈴木初彰氏、蒲郡商工会議所青年部の鈴木寿明氏、豊川市副市長の竹本幸夫氏、そして豊橋文化振興財団理事長の松井章悟氏の4名で、愛知大学地域政策学部の戸田敏行教授がコーディネーターを務められました。
それぞれの地域での取り組みなどが紹介され、パネリストのお話しを興味深く伺いましたが、その反面で、まちなか活性化の難しさを再認識させられたサロンでした。



〜ホテルアークリッシュ豊橋にて〜



XOOPS Cube PROJECT