対話集会バナー

コラム
コラム : 平成26年度は、産業労働委員長に就任!!
投稿日時: 2014-07-17



 愛知県議会6月定例会は、6 月18 日に開会し、総額8,289万円の一般会計補正予算案やあいち健康の森薬草園条例制定をはじめとする6件の条例関係議案、さらに公安委員会や人事委員会の人事案件などその他の議案8件の全15議案を審議・可決し、7月7日の閉会日を迎えました。閉会日には、「南海トラフ巨大地震による津波・浸水対策の推進について」の意見書や、労働環境の改善を求める「看護職員の確保対策の充実について」の意見書など、計8件の意見書も全会一致で可決し、国に送付致しました。

 さて今年度は、平成23年度の健康福祉委員長に続き、今期2度目の常任委員長となる産業労働委員長を務めさせていただくこととなりました。委員会の進行役という立場ですから、委員会での質問はできず、若干ストレスは溜まるかも知れませんが、本県の今後の発展を左右する産業・雇用・労働政策を担当する委員会ということで、大いにやりがいも感じています。

 つい先日も、わが国で本格的に始まった人口減少社会について、今後さらに人口減少が進んでいくと、現在約1,800ある自治体のうち、およそ半数が消滅の可能性があるという衝撃的な推計が、ある政策研究機関から発表されたところです。これまで以上に地域間・都市間の競争が激しさを増す中で、人口の減少に歯止めをかけ、地域が存続するためには、子供を産み育てやすい環境の整備・充実はもちろんのこと、人・モノ・カネ・情報を呼び込む施策が極めて重要です。我々の愛する地域が、今後も活力あふれる地域として発展していくためには、これまで育んできた個性を活かし、さらに磨き上げ、世界から選ばれる「地方拠点都市圏」づくりを強力に推進しなくてはなりません。

 そういった意味からも、中小企業支援や企業誘致、さらには自動車産業をはじめとするモノづくり産業の深化・革新、観光産業や次世代産業の育成など、幅広いテーマを所管する産業労働委員会の果たすべき役割は、極めて大きなものがあるはずです。委員会での活発な議論や建設的な提案を通して、いささかでも県政発展に貢献できますよう、全力で職務に励んで参りますので、一層のご指導、ご支援を何卒お願い申し上げます。



XOOPS Cube PROJECT