対話集会バナー

活動記録
活動記録 : 2/13,14 県外調査<熊本市、鳥栖市、諫早市>
投稿日時: 2012-02-23

 
3人の同僚県議と共に、健康福祉委員会所管事項の調査のために熊本市、鳥栖市、諫早市を訪問しました。

最初に伺った熊本市動物愛護センターは、保護や引取りをした犬や猫の殺処分率が、約3パーセント(平成22年度)と日本一低い実績を誇る愛護センターです。残念ながら、愛知県は殺処分率が全国でも高い方ですので、今回学んだ先進的な取り組みを、今後本県の動物愛護行政に活かしていきたいと思います。 


 

続いて、佐賀県鳥栖市に建設中の「九州国際重粒子線がん治療センター」建設現場に伺い、プロジェクトの理念や事業スケジュール及び採算見通しなどについてヒアリングをさせていただきました。患者数の確保という点では、旅行会社との連携等を進め、アジアからの患者を積極的に集めることも視野に入れているとの説明でした。まさに、九州という立地ならではの戦略と感じました。
 


 

翌日は、長崎県立こども医療福祉センターを訪問しました。当施設は、こどもの心とからだの発達に関わる諸問題に対応する、長崎県の拠点施設という役割を担っています。特に印象に残ったのは、医師不足の時代にも拘らず、来年度から医師が2名も増員される予定であるとのお話です。その理由をお聞きしたところ、この施設を見学し、その取り組み姿勢に触れたお医者さんが、それを高く評価し職場として選択してくれたとのことでした。この説明を伺って、医師確保の原点を改めて教えられた気がしました。
  




 



XOOPS Cube PROJECT