対話集会バナー

浅井どんブログ

■絞り込み
| 活動記録| コラム| お知らせ |
  
投稿日時: 2016-01-06


平成28年スタート!〜実り多き一年に〜

 平成28年が、本格的にスタート致しました。皆様におかれましては、お健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げますとともに、昨年4月の県議会議員選挙をはじめ旧年中に賜りましたご厚情に心から感謝申し上げます。

 さて、昨年12月1日に開会した愛知県議会12月定例会では、交通死亡事故全国ワースト1位返上に向けた緊急交通安全対策費1,693万余円、超高齢化社会の更なる進展を見据えた医療施設整備や医療人材確保対策費17億8,026万余円等の一般会計補正予算案を可決したほか、愛知県障害者差別解消推進条例をはじめとする条例関係20議案、さらに小坂井バイパスの無料化や工事請負契約締結等の67件のその他議案などを可決致しました。12月18日の閉会日には、「子宮頸がん予防ワクチンの副反応被害者の早期救済について」や「テロ対策の強化について」などの意見書を採択し、国に送付致しました。

 議会開会日に行われた所信表明で大村知事は、11月11日に歴史的な初飛行を成功させた国産初のジェット機MRJ(三菱リージョナルジェット)を核とする航空宇宙産業の振興や日本初となる有料道路コンセッションについて、また成長著しいアジアの国々の活力を愛知に取り込む戦略についてなど、日本一元気な愛知づくりを目指した諸施策について語られました。

私も愛知県議会議員のひとりとして、その推進に全力を尽くして参るのは言うまでもありませんが、加えて東三河・豊橋市から選出頂いている県議会議員としては、今後実施されていく様々な施策を我々の地域の発展にも十分活かすために、これまで以上の努力を続けていかなければなりません。

 同時に、国全体で人口減少が加速する中、東三河地域においても人口の減少に歯止めをかけ、持続的発展に繋がる広域的な地域政策が求められています。4年前の東三河県庁発足に加え、昨年1月には東三河広域連合も設立され、従来にも増して東三河八市町村の連携が深まってきました。今後もさらに政策の共有化を進め、地域一丸となって県や国への発言力・発信力を高められるよう、私も全力で取り組んで参る所存です。
 
 本年も変わらぬご指導、ご支援をお願い申し上げますとともに、皆様のご多幸を心からお祈りし年頭のご挨拶と致します。

 


投稿日時: 2015-10-30



9月17日に開会し、10月14日に閉会した愛知県議会9月定例会では、総額83億3,700万余円の一般会計補正予算案のほか、県営名古屋空港の見学者受け入れ拠点施設展示物整備基金の設置条例など7件の条例関係議案、さらに教育委員会委員の選任などのその他議案20件を審議し、可決致しました。また、「難病対策の充実を求める」意見書や「治水対策の推進を求める」意見書など、7件の意見書も採択し、国に送付致しました。

補正予算の歳出の主な内容としては、来年5月に開催される伊勢志摩サミットの警備対策費や大規模展示場整備のための調査費、女性の活躍促進・雇用促進を目指すあいちウーマノミクス推進費などのほか、交通事故死者数ワースト1返上に向けた交通事故対策費やインドにサポートデスクを設置する費用などです。

今年度所属する建設委員会では、東三河の発展にとって大きなインパクトを与える「浜松・三ケ日 豊橋道路」の進捗状況についてお聞きしたほか、朝夕の渋滞が激しい国道259号の渋滞改善への取り組みについてもお伺い致しました。東三河地域においては、今年度中に供用開始予定の新東名高速道路や、4,5年以内の開通の目途がようやく立ってきた国道23号バイパスなどの東西軸は着実に整ってきていますが、その一方で南北軸の脆弱さはかねてより指摘されており、一刻も早い「浜松・三ケ日 豊橋道路」の実現が求められます。また、現在の厳しい財政状況を考えれば、国道259号の渋滞を抜本的に解消することは簡単ではありませんが、だからと言って、現状のまま手をこまねいていれば良いというものでもありません。少しでも状況を改善するために、何が可能なのかを県警や地元自治会などともしっかり協議して早急に取り組んでいただく様、強く要望致しました。

今後も皆様との対話の中から、豊橋・東三河地域の抱える諸課題を正確に把握し、その改善に向けて県議会のあらゆる場面で積極的な発言を続けて参りますので、一層のご指導、ご支援を宜しくお願い申し上げます。


 


投稿日時: 2015-07-22


  多くの皆様のご支援のお蔭で、4月12日に実施された県議会議員選挙において3期目の当選をさせていただいてから、既に3か月が経過しました。改選を経て、県議会の会派構成も変化しましたし、今年度の私の所属常任委員会も、昨年度委員長を務めた産業労働委員会から建設委員会へと変わりました。また、治安や災害対策などを取り扱う安全・安心対策特別委員会では、副委員長を務めることが5月の臨時議会で決まりました。さらに、県議団内の役職としては、新たに設置された県内3地域(名古屋・尾張・三河)の各議員グループの中で、三河地域グループの代表を務めることとなりました。

  6月18日に開会し、7月7日に閉会した愛知県議会6月定例会のご報告をさせていただきます。今議会では、6億4千万余円の一般会計補正予算案及び県立病院事業関係の3億5百万余円の企業会計補正予算案の2件の議案のほか、より安心して公園を利用できるよう、ドローン飛行等の危険行為を禁止する愛知県都市公園条例改正をはじめとする条例改正案11件を可決致しました。さらに、その他の議案としては、副知事に新たに堀井奈津子氏を選任したり、名誉県民にノーベル物理学賞受賞者の赤勇氏と天野浩氏を選定するなどの9件を可決、同意致しました。

  補正予算の主な内容は、「ハート・オブ・ジャパン」を掲げて、海外における愛知の知名度の向上や訪日外国人の誘客事業費、ラグビーワールドカップ2019の開催準備費、交通事故抑止に向けた600卅蠹の停止線などの塗り直し費等です。

  建設委員会では、3つの課題について質問をさせていただきました。1つ目は、以前から取り組んで来た県有施設(インフラ・公共施設)の維持、更新に関する財政見通しについてです。残りの2つは、いずれも地元のインフラ整備に関しての質問で、今年度中に乗小路トンネルの供用が始まる東三河環状線の今後の整備見通しについてと頻繁に大雨や高潮による氾濫に見舞われている柳生川の整備見通しについてです。もちろん、両事業とも厳しい財政状況下ですので、完成までにはかなりの時間を要する事業ですが、一刻も早い完成を実現するためには、まずは地元の皆さんのご理解が欠かせないわけですので、更なる努力をお願いしたところです。

  今後も豊橋・東三河の諸課題解決を通して、愛知県政の発展に些かでも貢献できるよう全力を尽くして参ります。一層のご指導、ご支援をお願い致しますとともに、厳しい暑さが続きますので、くれぐれもご自愛いただきます様お祈り申し上げます。


 


投稿日時: 2015-01-01



「選ばれる地域」を目指して!


明けましておめでとうございます。旧年中は、ひとかたならぬご厚情を賜り、心より御礼を申し上げます。

 我が国では人口減少社会が本格的に始まり、全国約1,800の自治体のおよそ半数が30年以内に消滅の可能性があるという衝撃的な推計が、昨年発表されました。地域間競争が激しさを増す中、人口減少に歯止めをかけ、地域が存続する為には、子供を産み育てやすい環境の整備・充実はもちろんのこと、人・モノ・カネ・情報を呼び込むことが、これまで以上に重要です。

我々の愛する豊橋・東三河が、活気あふれる地域として発展していく為には、今日まで育んできた個性にさらに磨きをかけて、世界から「選ばれる地方拠点都市圏」づくりに邁進しなくてはなりません。

 本年も決意を新たに努力致して参りますので、変わらぬご指導・ご支援をお願い申し上げますとともに、皆様のご多幸を心からご祈念して年頭のご挨拶と致します。


投稿日時: 2014-10-24



 愛知県議会9月定例会は、9月18日に開会し、ラグーナ蒲郡の周辺整備のための用地取得費40億円を含む総額118億5000万円余の補正予算案をはじめ、危険ドラッグ販売店への警察官の立ち入り調査を可能にする条例改正案や再生可能エネルギー等導入推進基金条例制定などの条例関係13議案他、全32議案を審議・可決し、10月10日の閉会日を迎えました。これらの議案審議に加え、「自動車諸税の抜本的見直しについての意見書」や「地方財政の充実・強化についての意見書」など、8件の意見書を全会一致で可決し、国に送付致しました。

 本会議場では、私も一般質問に立ち、「オストメイトを取り巻く環境整備の促進」と「食育推進と学校給食における地場産物の活用」について取り上げ、進捗状況の確認ならびに本県の今後の取り組み方針をお聞き致しました。(質疑の要旨は、
県政通信10月号2面・3面に掲載してありますので、是非ご覧ください。)

 さらに、再選出馬に関する動向が注目されていた大村知事ですが、本会議での質問に答える形で、来年2月に実施される次回愛知県知事選挙への出馬表明を行いました。知事選に続いて、来年の4月には、統一地方選挙も行われます。人口減少社会が急激に加速する中、われわれの愛する東三河地域が活力ある地域として存続し続けるため、今後も一層の努力を続けて参りますので、引き続きご指導ご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 8 »
XOOPS Cube PROJECT